自然豊かな環境で心と身体を育みます

親子園外保育

10月18日(水)に年長、年中、年少クラスの親子で

ハイブ長岡(音楽の森)へ園外保育へ出かけました。

年長、年中は保育園から歩きます。  

お父さんとおじいちゃんが一緒に歩いてくれました。 
    

 
              

年少は長岡大橋東詰めまで保育園バスで行き、そこから歩きます。

 

お父さんも一緒に歩いてくれました。


保護者の方は、新潟県立近代美術館裏の土手で

子どもたちの到着を待ちました。


長岡大橋を渡りきりようやく保護者の方と合流。




お母さん、お父さんの顔を見ると子どもたちの

疲れも和らいだようです。

親子で、土手から音楽の森へ移動して

集合写真を撮ったあとに

 親子で「フィールドビンゴ」をしました。

虫や植物、描かれている絵を見てその形にあった自然物を

子どもたちのフィーリングで見つけるゲームです。



            

全部見つけ、おやつをもらい、そのあとは自由時間

どんぐり拾いを楽しむ親子。



お父さんたちとおにごっこをして楽しむ子



いっぱい遊んだ後は

愛情たっぷりのお弁当タイムです。



           

この日一番の笑顔を見せてくれた、子どもたちです。


 今回の親子園外保育では、蔵王保育園4本柱の

「体つくり」と「自然」の2つを取り入れた活動となりました。

天気もよく、体をうごかし、

自然にふれ、親子でのふれあいがある

蔵王保育園らしさが、たくさんみられた

親子園外保育でした。