自然豊かな環境で心と身体を育みます

からだ遊びゼミ

今年度の職員ゼミ活動のひとつ「からだ遊びゼミ」で、
「人が生まれてから歩くまでの発達過程をおさらいしよう!」ということで、
注視や目と手の協応、寝返り、匍匐前進、ハイハイ、たっち、、、を順番にやってみました。(結構笑えました:にゃんこ談)
その後、赤ちゃんにやさしい抱っこやおんぶを実習し、
昔ながらの三尺帯でキュッと気持ちよくおんぶされた赤ちゃん!
おんぶしている先生も「楽~!」と声が上がり、
翌日には手作りの帯をつくってきた先生もいました!
赤ちゃんのからだを知り、自分のからだを知り、
どちらにも負担の少ない心地よい時間が増えることを願って、内部研修で研鑽していきます。